頑張ってOLやってるんで70万円貯めて歯列矯正始めました。

何とかOLやってます。頑張ってOLやってるんで、いろいろ自己投資をしたい、そもそも収入を増やしたい手に職付けたいと必死にもやもやしています。そんなアラサーOL世代向けにOLの自己投資(歯列矯正、旅行、スキルアップなど)情報提供するBLOGです。

インビザラインの費用は?トータルいくらかかるの?

インビザラインって高い買い物・・・

 

実際に私が支払った金額をまとめて大公開します♪

検討されている方の参考になれば嬉しいです(/・ω・)/

 

 1.初診料

初めて病院に行ってインビザラインの相談をします。

 

  • 自分の歯はインビザラインで矯正できるのか?
  • 期間はどのくらいかかるのか
  • 費用はトータルいくらかかるのか
  • 矯正終了後の保定期間はどのくらいか
  • 保定期間は通院が必要か
  • 保定用リテーナーはいくらするのか

これらを必ずチェックしていました!

 

かかった費用:2,500円

 

病院をいくつかまわった総額です。

 

ちなみにわたしが最終的に決めた病院は0円でしたが

他の病院は無料のところもあれば

1,000円~1,500円かかるところもありました。

1,500円かかったところでは歯の写真を撮ってくださり

印刷して検討用に渡してくれました。

 

あんまりお金はかからないし、ここで病院選びを間違えると大変!!

治療に進む前に納得できるまで比べましょう^^

正治療をお考えならこちらから病院検索・無料予約ができます→→矯正歯科の口コミ・医院検索・情報提供サイト『e-矯正歯科.com』

 

2.歯列矯正インビザライン)自体の費用

 

5つの病院で初診をし、費用を比較した結果

トータル費用が一番安い病院で、先生の実績も安心できる病院を選びました。

 

かかった費用:702,000円

 

インビザラインの費用は60万円で消費税8%を加えると

70万円と2千円になります。

 

実は、治療開始時に貯金がほぼ70万円しかありませんでした;;

貯まった全財産で一括払いするのはさすがに怖かったので

分割払いを検討しました。

 

病院選びの際に支払方法についてもしっかり比較しました。

 

  • 分割払いは可能か
  • カード払いはできるか
  • カード払いの際に手数料が加算されないか

これは病院を回って分かった点ですが、

分割払いやカード払いはできるけど手数料がかかる

=初期一括払いがお得ですよ???

という病院は多かったです。

 

まあね、商売ですからね。そうですよね。

 

一括で払うとなるとなんとなく心のハードルが高まります。

 

私が選んだ病院は、カード払いができて、一括・3分割・12分割払いから選べる、しかも手数料0円 というなんとも良心的病院でした。

 

お客さんも多くて、予約は取りづらいですが、きっと儲かっているからこそできるこの余裕。安心感があります。

 

3.調整料

病院に行くたびに、微調整をする費用(5,000円程度)がかかる病院もあります。

ワイヤーの歯列矯正だと調整料がかかる病院が多いですね。

インビザラインではあまりないです。

 

かかった費用:0円

 

わたしの病院は1か月から2か月に一度来院を勧めており

歯のチェック(予定通りに歯が動いているか、着色・虫歯がないか等)をしてくださっています。

歯は問題なく進んでいますね~けど着色してますのでクリーニングしましょう

というのがいつもの流れです。(笑)

クリーニングで、汚れを落としてもらいますがこれも無料です!ありがたい!

 

4.マウスピース再作成料

 

これは必須ではないんですが、インビザラインははじめにシミュレーションをし

歯を動かしていきますがやはり、シミュレーションと現実のズレが生じたり

もっと前歯を引っ込めたい!や、歯の傾きをもっと調整したい!

といった追加要望が生じたりすることが多々あるようです。

 

そういった場合は、再度歯データの測定をし、再シミュレーションをし、

マウスピースを再作成します。

 

そういった一連の再作成に費用がかかるか否かが意外な比較ポイントになります。

 

もちろん手間がかかりますし、治療期間もも延びますので

2~3万円程度追加料金がかかる病院が多かったです。

 

わたしの選んだ病院はなんと

かかった費用:0円

 

あまりにも再作成する方が多いので、先生はそれを見越してコミコミ価格にしているようです。なんと心の広い・・・。

 

5.保定器具料

 

インビザライン完了すると保定器具をつけて2年程度の保定期間に入ります。

正しい歯並びを定着させていく期間です。

 

この保定器具にかかる料金も病院によって異なります。

 

かかる費用:30,000円

 

保定器具は3万円と伺っていますが、これはまだ実施には支払っていないです。

 

 

以上が支払ったお金です。

総額は734,500円でした!!

 

(番外編)戻ってくるお金

 

1.医療控除申請による還付金

 

これは1年間で医療費を高額(10万円以上)支払った場合に

税金が還付される制度です。

 

わたしは30,000円程度還付される予定です。

年収や医療費の総額によって異なりますので

一度シミュレーションをしてみてください!

himitsunoao.hatenablog.com

 

2.クレジットカード払いによるポイント還元

 

7,020円分のポイントが還元されました。

 

クレジットカードによってポイント還元率(支払った金額に対してポイントで何%もどってくるか)が違います。

還元率が高いことで有名な 楽天カードがおすすめです!

 還元率が1%なので70万円しはらうと約7,000円分返ってきます^^

 

 

インビザラインにまつわるお金のあれこれは以上です!

 

トータル金額の比較が重要なのはもちろんのこと

支払方法や、戻ってくる金額にも注目して無理のないこと

を確認してインビザライン生活をスタートしてくださいね!!

参考になりましたら嬉しいです!